<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ヒートテックに助けられた
f0059901_1833524.jpg前日の快晴具合と、いつもの当たらない天気予報に騙されて薄着の人が数人いたが、日の射さない寒い今日、久しぶりにGLORY HOLEさん主催のマス&ロングツーリングに出かけた。AM7:00集合で向かう先は伊勢・志摩の安乗岬。実のところ、自分も今日は温かいだろうと思っていたが、もしもの為に着込んだヒートテックに助けられた。栗東で数名と合流後、関まで走るも寒い寒い・・・。やはりまだまだ3月。甘く見てはいけない。
伊勢自動車道はフリーラン。各自マイペースに走ったりここでは言えないスピードで姿を消したり・・・で、お昼くらいに伊勢に到着。予想外に豪華なリゾートホテルでコースランチを頂くのだが・・・これがまた美味かった。ツーリング先で、地の店で地の物を安く食べるのもいいが、たまにはこんなランチも嬉しいものだ。ちゃんと地の素材も使ってたし。フレンチレストランに完全冬服バイカーファッションの集団はちょっと異様に映ったが・・・(w)。
その後火曜サスペンス収録お約束の地のような安乗岬を見学後、伊勢へ来たらお決まりのおかげ横町へと向かうのだがなぜか大渋滞。どうやら道の真ん中で車を停めて居眠りしてたオッサンが流れを止めてたみたいいだが・・・あのオッサン、居眠とかではなく・・・死んでたんじゃないだろうな・・?それにしても最初は行儀良く渋滞の中、待っていた集団もしびれを切らして1台抜け・・・2台抜け・・・残る集団は道の真ん中でトークタイム(写真参照)決して休憩中の図ではなく、これは道の真ん中。それくらい動かない渋滞故に体を解す者、記念撮影する者、フルフェイス被ってるのに無理矢理たばこ吸おうとして咽せる者(笑)。しばらくしてなんとか渋滞を抜けたものの、予想外に時間を食ってしまった為おかげ横町では素早くみたらし団子と煎餅を胃袋へ押し込み、定番赤福をお土産に買いそそくさと退散。帰路、途中解散しつつPM9:00頃帰宅。本日の走行距離約400km。なかなか良い距離。ルートもランチも良かったし、う〜ん満足。風呂で体をほぐし、心地よく疲れた体にビールを流し込む。マスツーの場合は先頭車両に付いていくだけなので帰宅後、改めて地図を見ながら今日走ってきた道を思い返す。ロングの後はこれも楽しみ。参加者の皆様お疲れ様でした。主催のGLORY HOLEのぴっかりさん、ありがとうございました。



でも・・・お昼の場所はちゃんと伝えましょう。ツナギでフレンチは・・・・・(爆
f0059901_18343081.jpg
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-26 23:37 |
土曜日・諸々
f0059901_16182926.jpgf0059901_16184420.jpg少し遅くなったけど、誕生日のお祝いに、と相方がランチをご馳走してくれた。そんな時はおいしい料理を頂きたいということでNさんのビストロへ。半年以上オジャマしていなかったのだが相変わらず美味しい!途中、マダムがうちの息子を連れ去って下さったお陰で久しぶりに二人だけでのランチ。あ〜幸せ。30代になった実感は全くないが、感謝感謝です。ごちそうさまでした>Nさん。いつもありがとう。これからもヨロシク。今年もはりきっていこう!>相方。
たらふくご馳走なった後はBagleが新風館にイベント出店しているということで行ってみる。honahonaさんとゲームに熱中するfちゃん、相変わらず元気一杯のtちゃんの姿が。しばらく談笑していると数ヶ月ぶりにお会いするkj君が不意に視界に飛び込んできた。話しをしているうちにみんなで近くにあるyoshiiiさんの会社に行こうということになった。土曜日だから誰もいないだろうということでkj君引率。予想外に数名が働いておられたが。そして右の写真は遊ぶ子ども達の姿 in yoshiiiさんの職場である。kj君、yoshiiiさん、そしてそのお子様達はともかく、僕と息子は一体ここで何してるんだ、という訳の分からない状況になりつつも真新しいオフィスを拝見。バージョンアップしていく会社というのは個々のDetailからもパワーが感じられるようで気持ちいい。不意に来られた社長さんに少々冷や汗をかきながらご挨拶して帰る。みんなで夕食の後、yoshiiiさんちの娘さんだけがうちに泊まることに。なんだか家族が増えたような気分だ。子育て支援してくれたtちゃんに感謝(w
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-25 22:21 |
並一丁ありがとうございま〜す
f0059901_146142.jpgウインドウズ機が我が家にやってきた。今まで大して必要なかったし、macみたく「線を繋げたら何故か分からないけど繋がった」的ファジーさがなく、右脳だけで使えるOSでもなさそうなので避けてきたのだが・・・。選んだのはソフマップの牛丼パソコン。BIOSの設定時点で路頭に迷うような説明書と格闘しながら(winユーザーはmacの説明書の方が分からんとおっしゃるが)なんとかOSとマザーボード等のドライバーをインストール。余りに低価格なPCなので半ば疑っていたのだが意外とサクサク動く。いいじゃん、凄くいいじゃん。ウン十万するような会社にあるパソコンより快適なんじゃないか?と、機嫌の良くなったところで会社のショールームからまたPCの調子が悪いから助けてくれと連絡が入る。っっっっっったくwinって奴は・・・次買い換えるときは絶対にmacにしてやる。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-24 14:06 |
鉢合わせ
f0059901_19141311.jpgいつもに比べて遅めの昼食。ササっと済ませようと近くのコンビニへ。唐揚げ弁当と、おやつのバームクーヘンなどを手に徘徊しているとyoshiiiさんの顔が。お互い住んでる場所が離れていて、仕事場も今までは離れていたのでそこに彼の姿があるということに凄い違和感を感じながら声を掛ける。せっかくなのでコンビニ弁当は中断して一緒にランチに。職場が近くなったのでいつか出会うかな・・・と思っていたがこんなに早く鉢合わせするとは。またフラっと行きましょう。いい店探しておきます。写真は二人がそんな事をしていた現場上空。Google Earthにて。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-23 19:14 |
No.1 Metal Band
f0059901_030367.jpg以前から気になっていた映画のDVDを友人から借りた。「メタリカ:真実の瞬間」。もう何も言いません。最近のハリウッドムービーに飽きた人、バンドや音楽に興味のある人、誰かと長くパートナーシップを組んで仕事をする人、そしてもちろんメタリカのファン。ぜひ見るべき!僕は最近のどんな映画よりも熱く見てしまった。それは、この映画が単なるミュージックムービーでもなければ宣伝でもなく、真のヒューマンドラマだからだ。本編では世界ナンバー1のモンスターバンドの影を見ることができる。ステージ上であれほど威圧感があり、観客を1発でノックアウトしてしまうメンバーが信じられないほど小さく、弱く、人間的な瞬間。そしてそこから復活する瞬間。凄い瞬間が納められた映画だ。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-21 00:18 |
俺はサポートか?
f0059901_0105951.jpg会社のショールームからパソコンの調子が悪いとSOSが来る。そんなことを俺に言うな!と思いつつも行ってみてみるが、Windowsはからっきし分からない。面倒なのでバックアップを取った後に丸っぽ再インストールしてやった。当然の如く調子は良くなったがメールの送信だけができない。どうにもこうにも不明な症状だったので仕方なしにniftyの出張サポートをお願いする。そんなことなら最初からそうしておけばよかった。まっっったくwinって奴は面倒な奴だ。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-20 21:07 |
MORE長距離移動
f0059901_043150.jpg富山から、いつもお世話になっているバイカー夫妻が入洛されたのでいつものバイク屋さんにて宴会が催された。季節はずれの寒波で途中は相当雪も降っていたようだがそれでも走る続ける・・・いや、バイクに乗る気合いに恐れ入る。まだ見てないけど、ツアラー2台で旅をされる姿はとても恰好良いと思う。そしてたまにお会いすると、いつも時間が足りない。もっと話したい。今年は僕も、もっと走ろう。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-19 23:14 |
長距離移動
f0059901_23592936.jpg長距離とは言ってもたかだか150kmくらいだが。舞鶴から京都市内へは高速が整備されていなかったり土日はノロいサンデードライバーが多かったりでやっぱり3時間少々は必要になってしまう。夕方から予定が入っていたので急ぐ。途中、息子がグズりだしたので本当はダメなんだけど助手席の僕の膝の上に移動。めくるめく景色にすっかりゴキゲン。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-19 16:59 |
初・お泊まり
f0059901_2355456.jpg所用の為、先週に引き続き舞鶴へ。家族と晩ご飯など一緒に食べているといい時間になってしまったのでこのまま近くのホテルに泊まってしまおうかという事になった。東舞鶴駅のすぐ横のアルスタインというホテル。広くて安いのは田舎の特権か。なかなか居心地のいいホテルでした。考えてみると息子は祖父母の家以外では初の外泊。つまりそれは、僕たちにとっても初の外泊ということになる。予定外の宿泊だったのでエンターテイメント性は何もないが、ちょっと楽しかった。そして何も動じない様子の息子は、頼もしく見える。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-18 23:23 |
1年経過
f0059901_15135237.jpg年齢の、二桁代の数字が一つ増えた。だからと言ってそこに悲壮感も、逆に大きな高揚感もなく、また区切り的な気持ちもなく単にシームレスに時が過ぎただけの気がしている。夜遅くに会社から帰ると相方が美味しい手料理とシャンパンで祝ってくれた。日々忙しくしているのにしっかりと準備していてくれた。なんと嬉しい事だろう。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-15 23:07 |


Link
カテゴリ
全体










モノ
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧