軍艦マーチ
徹夜で仕事の後、お腹がすいたのですき屋へ入る。客は一人。オッサンが一人でがなりたてている。よく見ると車に乗っているわけでもないのにヘッドセットをして携帯で話しをしている。作業服や胸に入っている会社名から、どこかの建材屋の社長に見える。
掛けが回収できないのか、会話は切羽詰まった内容だった。食器の扱いもやけのヤンパチ状態。それにしても僕の座った位置からはオッサンのヘッドセットも携帯も見えないので、知らずに見ると単なるキチガイだ。
下手な盛りつけのせいで不味くはないのにビジュアル的に見るに堪えないネギトロ丼をつまんでいると、カウンターの向かいに違うオッサンが座った。日に焼けた顔とゴツイ手はパワフルな労働を想像させ、頬の上部がテカって目尻に笑いじわでもあろうものなら景気の良さが感じられるのだが、このオッサンは残念ながらホームレス一歩手前の様相だ。深夜のファーストフード店に僕を含め労働者が3人。店内BGMはなぜかパチンコ屋で流れているような軍艦マーチ。誰かがお前らガンバレ、と言っているのか。
[PR]
by yaski1450 | 2008-06-21 01:51 |
<< 道 なんとバージョンダウン >>


Link
カテゴリ
全体










モノ
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧