爽快な気候と風と肉と酒
f0059901_225412100.jpgBBQの招待を頂き知り合いのお宅へ。場所は京都市の北部。風の吹く気持ちのいい庭にBBQセットを持ち出し旨い肉屋から取り寄せて下さった肉を焼く。みんなが持ち寄った総菜やスナックを頬張る。このメンバーは年に一度くらいしか集まらないので話は途切れる事なく盛り上がります。そんな僕たちに、目の前の畑のおっちゃんが「これも食べ〜」と持ってきてくれたナスも絶品。今回の主催者であるこの家のお二人はなんと画家さん(彫金もされている)。アーティストである。デザイナーと同じようなものだろうと言われる事もあるのですが似て非なる・・・と言うか、似ている所など全くないのです。もちろん彼らの作品を拝見したことがありますが、僕のような商業デザイナーには全くその凄さが理解できず、理解できない故にまた凄いと思っているのが情けないくらいで・・・。シュールレアリズムだとかモダニズムだとか、それならなんとか理解できますが(ほんまか?)、そんなもん幼稚園レベルじゃないかと思わされるほど彼らの作品は高度なもの(だと思う)。いろいろな面でアートで生きている人ってのは本当に凄いと思います。その他、今日集まったのは彫金師さんやフランス在住暦の長い振付師兼フランス語講師さん。正午過ぎに集まったものの、21時を過ぎても話は止まらない。今回集まった6人中4人が酒豪とあって、少なくとも僕は後半何をしゃべったか覚えていないのだけど、気持ちのいい気候とセンスのいい空間の中で、普段の重苦しい商業ベースではない爽快なトークがとても心地よかった事だけは深く印象に残っています。
[PR]
by yaski1450 | 2006-10-23 22:52 |
<< 東京カレンダー Speak Easy >>


Link
カテゴリ
全体










モノ
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧