f0059901_1221323.jpg今年も花粉の季節がやってきた。天気予報によると今日も花粉の飛散量は非常に多いということだったが事前療法を受けているので問題なし。本来ならこんな季節には敬遠したい京北町、日吉方面にも気兼ねなく行ける。という訳で長らく雪に閉ざされていた北部方面にショートツー。おきまりのR162を快走。いやぁ気持ちいい。ノンビリ田舎風景が心を癒してくれる。しかしながら、帰り道がいけなかった。R162から逸れてR477へ。鞍馬へ抜けようと思ったのだが花脊峠では予想以上に雪が残っていて、雪解け水で足元は泥だらけ。それでもこの辺りを走りたいのは人も含めた素朴な風景があるから。今日も、大きな屋根の民家の軒先で縄跳びをして遊んでいた小さな女の子が通り過ぎざまに僕に向かって手を振ってくれた。その隣で一緒に遊んでいたもう少し小さな女の子はピースサインをくれた。こんなこと都会を走っている時はありえない。ほんのささやかな、そんなこと。そんな風景があるから、ここに来る。
[PR]
by yaski1450 | 2006-03-05 22:06 |
<< 有事勃発 無念 >>


Link
カテゴリ
全体










モノ
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧